ウル 第 三 王朝。 古代メソポタミア文明~シュメール人・アッカド人の王朝の興亡まとめ

古代メソポタミア文明~シュメール人・アッカド人の王朝の興亡まとめ

三 王朝 第 ウル

アッカド帝国末期はグティ人の侵入とシュメール人の自立、独立によって混乱していました。 しかし、まもなくこの王朝はやの侵入に苦慮することとなった。

9
Black, J. 建国者のウル・ナンムは、の建築やの建設などを行うと共にと称される法典を定めた。 ウル・ギギル(在位6年間)• 王は決して立法者ではない。

ウル第3王朝

三 王朝 第 ウル

第2代の時代までに行政機構が確立し、王権の神格化も進んでいった。 月神を祀る神殿が頂座に置かれた。

4
[中略] ここでいう「正義」とは社会正義のことです。 出典:Bala taxation<英語版 シュメール地方の統治機能崩壊 ウル第三王朝時代にはシュメル地方では土壌の塩化が進み、大麦の収量倍率が激減していた。

ウル第三王国は、アッカド王国を滅ぼして成立した国ですか?その後古バビロニア王...

三 王朝 第 ウル

続いてウルク期(前3500~前3100年頃)、農業生産力の向上を背景として都市国家が登場する。 彼は外征をくりかえし、周辺の諸国家にウル王朝への臣従、を誓わせ、いっぽう中心部(シュメール・地域)の都市には知事を派遣して直接支配を行った。 ただし、社会の公正さと平安を意図することは同じであっても、「自由を与える」ことと、法典における「社会正義」の擁護とは相違するところがある。

9
(在位660年間)• 特に第二代王シュルギは最多の二十あまりの王讃歌を残している。

古代メソポタミア文明~シュメール人・アッカド人の王朝の興亡まとめ

三 王朝 第 ウル

(前2029頃 - 前2006頃) 関連項目 [編集 ]• 彼はラガシュを征服したが、後にのに倒された。 冥界に落ちた神が現世に戻る唯一の手段、「身代わりの神を置く」を、新たにニンリルを身もごらせ、その子を使うことで解決してしまうのだ。

3
シャルム・イテル(在位9年間) キシュ第3王朝 [ ]• さらに追い討ちをかけるようにウル市で数年続く飢饉が発生し、配下のマリ出身のアモリ人イシュビエルラが叛旗をひるがえして、ウル第三王朝およびシュメール人の支配は終わりを告げたのである。 この時期に公的機関の文書行政システムが極端なまでに整えられ、驚くほど精密な記録が大量に作成されたからである。

アッカド王国:一口メモ

三 王朝 第 ウル

最も有名なのはですが、最古の法典は、ウル第三王朝初代の王ウルナンム(在位前2112-2095年)が作らせたウルナンム法典です。 (在位400年間)• もはや中心部(シュメール・地域)の統治も出来ない状況が示されている。

16
ウトゥ・ヘガルの没後にはウルの王となり、ウトゥ・ヘガルの後継者の地位を占めた。 王(Alulim、在位28800年間)• いっぽう周辺地域からは、大量の家畜を中心地域に運びこませたのである。

ウル第三王朝

三 王朝 第 ウル

叙事詩『エンリル神とニンリル女神』に詳細が語られる。

7
建国者のウル・ナンムは、の建築やの建設などを行うと共にと称される法典を定めた。

[B! 古代] 「ウル第三王朝」が「第三」なら第一と第二はどこにあるのか探してみた: 現在位置を確認します。

三 王朝 第 ウル

初期の王の在位期間が異常に長い場合がある上、諸王朝は1つずつ交替するのではなく同時代に複数存在し、それぞれ独自の都市を支配していたと考えられるからである。 彼らは債務奴隷などを解放して「自由を与えた」。

9
(クババとも、在位100年間) アクシャク王朝 [ ]• エンリル神の不名誉な振る舞いはここでさらにエスカレートする。

シュメール王名表

三 王朝 第 ウル

ナニ(在位120年間)• 諸都市に各都市の都市神の神殿を建設し、に城壁を築き運河を開削した。 リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 「ウル第三王朝」が「第三」なら第一と第二はどこにあるのか探してみた: 現在位置を確認します。

)年間)• アッカド時代の遺品としては、スサで発見された「ナラム=シン王の石碑」(ルーブル博物館蔵)が有名。 前18世紀の古バビロニア時代の有名なもアッカド語を楔形文字で書き表している。