新潟 地震。 新潟地震の教訓に学ぶ

新潟県の地震活動の特徴

地震 新潟

この地震の特徴として、新潟市や酒田市等の低湿地帯から砂と水を噴き出す「液状化現象」があり、新潟市川岸町の鉄筋コンクリート4階建のアパートがそのまま傾いて倒れました。 この事態を6月18日付の地元紙では「まさに生きながらの地獄絵図であった」と報じている。

14
新潟県内のAM放送は21世紀の現在もと同社の2局しかない。 。

新潟地震

地震 新潟

とりわけ(現・長岡市)は村域に通じるすべての道路が寸断されたため、ほぼ全村民が村内に取り残され、のにより長岡市・小千谷市などへ避難させる作業が行われた。 [ ]また、 退避勧告中の家の中から貴重品が盗まれたり、被災地の銀行・郵便局のに荒らされた形跡があったりした。 をきっかけに整備されたと臨時地震観測機器群の活躍により阪神・淡路大震災の際に記録した余震の2倍、に匹敵する回数の余震を観測している。

2
ただし、地震発生時は新潟県内の局は回線がどの方面(3方向4回線)も切れてしまっており、では13時25分から「津波警報」を実施。 13日の地震では自宅の食器棚が倒れるなどしたが、店は通常通りの営業を続ける。

頭よぎった「3・11」の悪夢 福島・宮城地震 新潟県に一時避難の被災者

地震 新潟

また、新潟県はこの地震によるの呼称を 新潟県中越大震災とし、11月29日より使用している。 震度7を観測したのは、の阪神・淡路大震災以来9年ぶり、観測史上2回目。

16
2004年10月撮影。

新潟地震

地震 新潟

これはFM放送のほうが(AM)より受信状況がいい地域があるため、被災地周辺に災害関連情報を確実に提供することを目的としたものである。 K 石油タンクの火災 右側の煙の中の白い点は火災の炎 場 所 : 新潟県新潟市 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日13時ごろ 信濃川の両岸津波と沈下による浸水 万代橋たもとの付近 場 所 : 新潟県新潟市 万代橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日18時 液状化現象 新潟地震は、液状化現象による被害が特徴的でした。

6
県市町村ウェブサイト上に掲載したり、今後の復旧計画や被災した住民への支援内容の説明会を各地で順次行ったりしたが、自宅やインターネット回線の被害もあってインターネットから自力で情報収集できた人間は少なく、各地区住民への事前連絡も十分には行き渡らなかった。 震央:新潟県中越地方、北緯37度17分30秒、東経138度52分0秒• 飯尾能久、松本聡、松島健 ほか「」『地震 第2輯』第58巻第4号、2006年、 463-475頁、 :。

新潟県中越地震

地震 新潟

揺れが広がっていった様子がわかる。

しかし、当時の初代社長命令により、自社復旧より市街地の応急対策工事を優先し、社員は市内各地へ飛び出していきました。 5 新潟市内で地盤の流動、不同沈下による震害が著しかった。

新潟県内の地震及び火山観測について

地震 新潟

定説の落し穴:砂地盤の支持力 昭和大橋 新潟地震より前は,建築基礎を支持する地盤として,砂は粘土と比べてが低いので,問題が少ないと考えられていたほか,地震のような動的荷重に対する安全率は,静的な荷重に対する値の半分の1. 県災害対策本部は「孤立地区に入り込んだ経緯は分からないが、自ら入り込み、帰りは救助ヘリというのであれば、救助活動の著しい妨げとなる」として、報道各社に抗議した [ ]。 核実験によって生じた放射能を含んだチリが偏西風に乗って日本にやってくるのではないかという懸念があったため、気象庁では全国各地で雨粒や雨が上がった後の大気に含まれる放射能を測定しています。 午後8時現在、水は止まっているものの復旧作業のため、通行止めが続いている。

避難者は最大10万人以上に達した。 中央大学理工学部土木工学科土質研究室 地震調査報告• 「放送五十年史」日本放送出版協会 1977年 591頁• 2005年(平成17年)2月18日、田代(現・高柳町田代)で雪崩が発生。