提督 ss。 提督(他にも‥‥いろいろありそうだな‥)

提督「裏切られても、信じたかった」

Ss 提督

121• 少将に伝言をお願いしたいんだが」 運転手「はい、なんでしょう?」 大佐「いつか高級中華をご馳走になりますので、覚悟しておいて下さいと」 運転手「. わざわざ訪ねてきてくれたことが)」 元提督「(最初は一週間に一回は訪ねてきたっけ。 そんな人間が提督なんて、一日も持ちません」 少将「理解はしている。

9
では、これで失礼します」 大佐「本当に、激辛だけは勘弁だ」 -----------------. ) マックス(Arisches Blut darf nicht untergehn! できれば手短にお願いします」 少将「分かっている。 提督、お茶をお入れいたしました」ヒョコ 提督「…」 提督「おぉ、丁度よかった。

提督「戦後」

Ss 提督

13 ID:jbnGtj2L0 元提督「(帰りに買った雑誌を開いたら金剛が記事に載っていて、驚いたりもしたっけ)」 元提督「(勿論戦時中とは顔が変わっている。 」 明石「そうですか!なら資材を投入してください!」 明石「ちなみに建造される艦娘は、建造されるまで誰だかわかりませんが、投入する資材によって出やすい艦娘は変わります!」 明石「何か建造したい艦種はありますか?」 提督「あ. ただ、こうして料亭の美味いご飯が食えるならそれで良い」 大佐「. 42 ID:y2XSxFtZ0 以上で完結となります。

20
いままでの事例から見れば、命令に背くことは極刑以外有り得ない」 大佐「. 483• 33 ID:ZkColApA0 ~回想終了~ 提督「思い……出した!」クワッ! 25 ID:y2XSxFtZ0 提督「それをお前は……まったく、大変なことをやらかしたもんだよな」 提督「今すぐ叩き切ってやりたいが……軍刀が汚れるなぁ?え?」 元提督「…………」 元提督「……教えてくれ、俺は……」 元提督「……俺は……朝潮を、本当に……殺して、しまったんだろうか……」 提督「ヘン、夢でだか現でだか知らないが……」 提督「お前、唯一忘れないでいてくれた朝潮に動物的な感情を爆発させる光景を見たんだろう?」 提督「行方不明になってるんじゃ、現での出来事じゃないのか」 提督「バラバラにでもして、捨てたんじゃないのか、え?」 元提督「…………わからない……何も……」 提督「……お前は信じがたいほどのクズ野郎だな……」 提督「じゃあ言ってやる。 はよ 読んでくれた人はありがとう。

【艦これ・SS短編】元提督「これで、いいんだ」

Ss 提督

187• 罰も甘んじて受けよう) 提督「なあ、大淀」 大淀「はい、何でしょうか?」 提督「この戦いが終わったら……いや、何でもない」 大淀「ふふっ、何ですか、それ」クスッ ~半日後~ ドカーン! 54 ID:Kn6fyIOy0 加賀「ところで提督。

5
彼女もまた、兵器でなく、社会の一員となったのだ」 ?「忌まわしき時代のことを想起させるような人物と交際を続けると思うか?」 元提督「誰だお前は……?俺の何を知ってるって言うんだ、金剛の何を知ってるって言うんだ」 ?「愚問だな」 提督「俺はお前だよ。

提督「戦後」

Ss 提督

加賀は幸せになれるだろうな」 提督「問題は赤城だ。 ずっと、見ていた。

13
81 ID:Kn6fyIOy0 ・ ・ ・ 提督「……ん」ムクリ 加賀「お目覚めね、提督」 提督「……加賀。

【加賀・艦これSS】提督「好嫌度CL?」

Ss 提督

。 それが我々、軍人だ」 大佐「. 95 ID:Kn6fyIOy0 加賀「提督。 って提督聞いてます?」 工廠の入り口で微動だにしない提督を不審に思い、 提督を呼んだ。

これでも戦時中に比べたらマシだろ。

【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

Ss 提督

. 」 少将「大佐も知っての通り、深海棲艦は日に日に勢力を拡大している。 73 ID:ZkColApA0 提督(『勝利のために手当たり次第にケッコンカッコカリをする』) 提督(それがもたらす結果を予想し切れなかったのならば……) 提督(これは、私だけの罪だ) 提督(だとすれば——) <ワイワイ ガヤガヤ 提督(これだけの重婚だ。

時間だ、大佐。

提督(他にも‥‥いろいろありそうだな‥)

Ss 提督

96 ID:ZkColApA0 工員B「あ、でも、今日ってアレっすよね?」 工員B「鎮守府に近い現場だから、もしかすると会えちゃうかも!」 工員B「話もできたりなんかしてー!」ワクワク 工員T「……っ!」ビクッ 工員A「お前の艦娘好きはどうしようもないな」 工員A「向こうは国民的アイドルみたいなもんだぞ?」 工員A「いちいちお前と話したりするもんか」 工員T(そうだ、そのはずだ) 工員T(接触はない。

7
やっぱりお前は、俺じゃない」 元提督「……ククククッ。 今、何時だ?」 加賀「夜の6時です」 提督「…えらいぐっすり寝てたな」 加賀「ええ。

提督「裏切られても、信じたかった」

Ss 提督

メタ情報• 上から指示された鎮守府に向かい、 執務室の扉を開いた。 3 アーカイブ• 」 電 「わかったのです!」 提督「じゃあ行ってくる」 電 「いってらっしゃいなのです!」 工廠までの廊下で、電と何を話せばいいのかわからず、 会話に詰まることを恐れた提督は、 電を執務室に残し工廠へと向かった。

10
本題に移ろう」 大佐「はい。

提督「裏切られても、信じたかった」

Ss 提督

電車の中だったな」 元提督「すぐにわかった。 50 ID:ZkColApA0 天龍「でもよぉ、潜水艦による哨戒は必要だったろ」 龍田「そうねぇ。 藪から棒に」 提督「まあ、まずは話してみてくれ」 ビスマルク「ええ。

17
あの時から、大忙しだったものでな」 大佐「お察しします。