広島 地震。 広島県の地震活動の特徴

広島の安政地震

地震 広島

5、『斑鳩嘉元記』には摂津のほとり西浦に津波が打寄せたとあり 、『』によれば由岐で甚大な津波被害。 太平洋全般に波及。 【平成12年(2000年)鳥取県西部地震】•。

8
死者が出た地震としては、愛媛では1946年以来 、広島では1949年安芸灘地震以来 のことであった。 非常持ち出し品を準備しましょう• 呉鎮内の施設は木造・煉瓦造・鉄骨造・鉄骨煉瓦造と当時の日本建築の様々な様式の建物が存在し、地盤も山中の花崗岩による堅牢なものから埋立地による軟弱なものまで様々な状況のものが存在した。

5分でわかる広島県で起きる地震発生の確率と被害予想について

地震 広島

・ () - 噴出物1,700億トン、直径6キロメートルのカルデラを形成。

15
これは地層に起因するものであり 、この3地域では特異な被害を受けている。 7 4 負 1 窓ガラス破損 平成16年(2004年)12月14日 留萌支庁南部〔留萌地方南部〕 6. 1 5強 負 8 住宅一部破損 165棟 平成16年(2004年)12月 6日 釧路沖 6. 1949年7月12日 (昭和24) 安芸灘 6.2 呉で死者2人。

広島県の地震活動の特徴

地震 広島

顕著な被害となったのが水道である。

10
掲載した活断層: 中央構造線断層帯,長尾断層帯,上法軍寺断層,上浦-西月ノ宮断層,綱附森断層• 気象庁• 概要 [ ] 芸予とは、厳密には(広島県西部)と(愛媛県全域)を指す。 8月28日(寛保元年7月18日-19日) - ・、北海道西南沖の近海で火山性地震 M6. 1952年カムチャツカ地震と同規模とも推定される。

地震情報

地震 広島

0 5弱 負 13 なし 【令和2年9月11日現在】 令和2年(2020年)6月25日 千葉県東方沖 6. (昭和58年)5月26日 - を中心に、津波による犠牲者100人(遠足中の小学生13名が死亡)。

7
1888年 ・ ( ()) - 火山性津波により死者3,000名。

広島県の地震活動の特徴

地震 広島

ディアナ号• 対岸のでも3名の死者・行方不明者を出した。

19
消防庁確定報における被害数は以下の通り。 2 5強 負 1 なし 平成25年(2013年)4月13日 淡路島付近 6. 宮城県気仙沼市の大谷海岸の海食崖の調査で、弥生時代後期のを含むが見つかっている。

地震情報

地震 広島

は震源地付近の海の状況から海底下の断層による地震()ではない別の原因の可能性を 、はの影響によるものとして原因を模索している。 遠地津波とされる。

9
がけ崩れによる道路規制は、全面通行止が33箇所、片側規制が20箇所。